高知食楽図鑑 新着情報

高知食楽図鑑 新着情報

『超!低糖質 心をつなぐ美糖質』

0

    最近、低糖質が注目されています!

     

     

    ダイエットや病気により糖質制限されている方でも美味しく召し上がっていただけるお菓子を、

    高知大学土佐FBC・洋菓子専門店(シャンクレール)・アドバイザー福永氏・高知県内NPO法人の

    4者と共に共同研究・開発した商品を製造・販売しております。

     

    その名も 『超!低糖質 心をつなぐ美糖質』

     

    ・土佐のガトーショコラ

    ・土佐のダックワーズ

    ・土佐の小夏クッキー

    ・土佐の鰹ラスク

     

    ストロベリーフィールズ・低糖質菓子紹介ページ

    http://www.zukan.co.jp/2009data/cafe/strawberry-f/sweets02.html

     

     

    ■低糖質が注目される理由は?

    ストレス社会と言われる現代において、私達は食後の体の中ではいったいどんな事が起こっているのか、気にする事はあまりないように思います。飲食後の消化によって分解された糖類は、体を動かすためのエネルギーとなり、この役目を担い、体内の糖について管理を行っているのが、膵臓で分泌されるインスリンというホルモンの1種と言われています。

    食べ物を食べて血糖値が上がりだすと、インスリンが血中に放出され、筋肉や細胞にグルコースを取りいれるように指令を出し糖をエネルギーに変えるわけですが、インスリン受容体の感受性が低い、インスリン抵抗性がある人も存在します。この場合、血中に糖が放出されるにも関わらず、細胞や筋肉で糖をエネルギーに変えることができません。そのため、血糖値は下がらず、いつまでも上がり続けるという結果になってしまいます。

    このインスリン抵抗性の原因の1つは炭水化物の取りすぎだと言われており、炭水化物は体内に吸収されてエネルギー源になる「糖質」と、消化吸収されずエネルギーにならない「食物繊維」とに分けることができますが、炭水化物である『糖質』の取り過ぎが肥満や糖尿病、メタボリック症候群や認知症やがんなど多くの病気の発生率を高めていることが明らかになっており、糖質を取り過ぎない『低糖質』が今注目されています。

     

    ■炭水化物(糖質)の1日の摂取基準量■

    男女とも1日に摂取するエネルギー(kcal)の50〜65%に相当する量だといわれています。厚生労働省『日本人の食事摂取基準(2015)概要』では、18歳〜49歳の成人男性

    の一日の摂取カロリー(推奨値)では2650kcal,18歳〜29歳の女性では1950kcal,

    30歳〜49歳の女性では2000kcalとされており、

    例えば一日に摂取するカロリーが2000kcalの場合、50〜65%に相当するエネルギー量は、2,000kcal×0.5〜0.65=1,000〜1,300kcal。炭水化物は1gが約4kcalですから、1,000〜1,300kcal÷4=250〜325g。つまり一日に250〜325gの糖質を摂取することが望ましいということになります。

    ※厚生労働省概要、公益財団法人 長寿科学振興財団HPより一部抜粋

     

     

    ++++++++++++++++++++++++

     

    STRAWBERRY FIERDS

    088-803-6308

    高知市神田1130-6

    モーニング/9:00〜11:00 ランチ/11:00〜16:30(L.O.16:00) 
    イートインスウィーツ/11:00〜16:30(L.O.16:00) 
    テイクアウトケーキ/10:00〜17:00

    木曜定休

    お店の情報はこちら★

     

     

     



    検索

     

    このページに表示中の情報

    カテゴリー別 新着情報一覧

    新着情報一覧

    食楽図鑑編集部より

    食楽図鑑webは、「食」の
    情報をいつも探しています。
    「新商品」、「各種フェア」、
    「リニューアルオープン」など
    発信したい情報がありましたら、
    ぜひお知らせください。
    Tel.088-885-3230
    (ファクトデザイン事務所)

    携帯サイト

    qrcode

    リンク

    その他